スタッフ紹介

看護師 山口 瑞輝さん [ 入職:2019年 ]

長期にわたって関わることが出来るから、利用者さんの成長や変化がよく分かる

1.まず、あなたのことを教えてください
福岡県出身です。大学進学をきっかけに上京し、大学を卒業後は東京の病院で働いていました。外科病棟と手術室の経験を経て、地元の福岡に戻り訪問看護師として働いています。
2.どうして訪問事業を選びましたか
祖父が在宅で療養していたことや、母も看護師であり、楽しそうに訪問看護の仕事をしていたことから、「訪問看護師になりたい!」と思って看護師を目指しました。大学の実習でますますその想いは強くなり、卒業研究でも訪問看護師について研究しました(笑)
でも、新卒で就職できる事業所が少ない事や、基本的な技術や知識は、やはり病院で学んでからがいいと考え、まずは病院に就職することにしました。病棟や手術室での学びは多く、そこでのやりがいもありましたが、訪問看護への憧れが強く、向いているか向いていないかは分からないけど、とにかくやってみたい!と思い、看護師経験が浅くても就職のできる事業所を探し、縁あってレスピケアナースで念願の訪問看護師デビューを果たしました。
3.入職して6カ月間で大変だったことはなんですか
無我夢中でした。手術室での勤務が長かったことでケアに苦戦しました。どういうことかというと、看護師の仕事である「療養上の世話」が下手で…。先輩方のやり方を見たり、アドバイスをいただいたりと、とにかく必死でした。また、疾患も複雑で知らないことだらけでしたし、利用者さんの生活の中で看護を提供するため、関わり方や物品の使い方なども分からないことが多く、その度に先輩方に手取り足取り教えて頂きました。振り返ればあっという間でしたが、大変かつ充実した日々です。
4.当事業所で達成感のあった出来事を教えてください
達成感とは違うのかもしれませんが、利用者さんとの関わりです。病院とは違って長く関わるため、小児の利用者さんであれば成長を感じますし、療養されている利用者さんは、「前はこうだったけど、今はこうだね」と比較して共有することが出来ます。
5.病院と在宅での働き方の違いをどう感じていますか。また、オフの日は何をしているかを教えてください
大きな違いは夜勤がないことです。また、長期にわたって利用者さんと関わるのでしっかりとした関係性が構築できます。その他だと、訪問時間内は一対一なので集中して関わることが出来ます。オフの日は好きな事をして過ごしています。ゆっくりしている日もあれば、買い物や外食に行くこともあります。
6.あなたが思うレスピケアナースの好きなところ(おもしろさ)とはなんですか
スタッフのみんなが個性的で素敵な人たちばかりです。年代も経験も様々で、それぞれに強みがあります。カンファレンスではみんなが意見を出し合うなど活気があります。チームでサービスを提供しているので、一人で悩むことはありません。私は経験が少なくとても不安でしたが、手厚くサポートしていただき、レスピケアナースに出会えて本当に良かったなと思います。看護師としてとてもやりがいのある職場です。
採用エントリー